ぶらり、京都へ。 
今年最後のお楽しみ♪とばかりに
クリスマスイブイブは、ぶらり京都へ日帰り旅。





常滑から名古屋まで特急で約30分。
名古屋から京都まで新幹線で約30分。

京都、近いですね。
新幹線からは青空のもと、雪山がくっきり。





京都駅から市バスで北白川別当を目指すも。。。
バスの揺れに酔ってしまい、途中下車。

そしたら、てくてく、あ!かわいい!と偶然見つけたお店『ちせ
1階に手づくりのジャムとパン。
2階に作家さんの作品、雑貨。
ペシュカさんやハタノさんといった知ってるかたの作品も!

ジャムをいろいろ、味見させてくれるので
その中でもおいしかったみかんのジャムをお土産に。





そして、そうだ!京都へ行こう!と思ったきっかけの
小さい部屋』のはたらく人展を見に。

にしおゆきさんのはたらく人人形も
hkbさん、かっぱまわりさんのはたらく人の布ものも
どれも素敵でした☆

でもでも、やっぱり初日からの数日間ご本人たちもいらしただけあって
すでに品薄のようでした。。。
ブログで拝見していて欲しいな~と思っていたポーチはありませんでした
残念(>_<)





お昼は、1階の太陽カフェでランチです。





小さい部屋をあとにして、京都造形大のほうへ
てくてく、てくてく。
造形大を通り過ぎたあたりにそうげんカフェがあります。
リースの飾られた扉が外国の雑誌から飛び出てきたかのよう!

ランチしたばかりでおなかいっぱい。
お隣のブロカントのお店でお花を生けたらかわいく飾れそうな
ちょっと変わった形のアルコールランプを買ってしまいました。





またまたてくてく。
詩仙堂へ。





ちょっと小雨がぱらつくなあと思っていたら
お庭を拝観している間に雨から雪へ。

とても風情のある佇まいのお庭と雪と柿の実がひとつ。

ぼぅっと眺めている間に雪もやみましたが
なんだか、束の間の京都らしい体験に感動しました。





冬の京都をひたすらてくてく。
寒さも吹き飛ぶくらい歩き回りました。
歩くと、ぽかぽかですからね!

東風さんでパンを買い、
つばめさんでティータイム。
このスコーンのサクサク感が絶品でした☆





つばめの蕎麦猪口には、お砂糖。





ここもはずせない!恵文社一乗寺店

ギャラリーアンフェールではちょうど
ハタノワタルさんと小原聖子さんの『夜空に歩けば』展をしていました。

この展示が。
本当によかったのです。

常滑に帰ってきて駅からの帰り道に見上げた夜空の星と
ここで見た展示の風景が重なりあって
おふたりの作品づくりに対する想いが、夜空に歩いた時、
本当によく伝わってきたのです。

それを感じたときに
わたしもそんなものづくりができたらな、と
思ったのでした。





京都の締めくくりは、友人のお蕎麦食べたい!の一言で
蕎麦屋さがし!
i-phoneを駆使してみつけた
四条の味禅さんでいただいた手打ち蕎麦と蕎麦粥は、
絶品でした♪





日帰りでしたが、
1日早くサンタさんがやって来たかのような大満喫コース☆☆☆

さようなら、京都!またくるね、京都!
 

秘密にする