光と影 
ろくろを回しながらハナレグミの『光と影』を聴いてたら
なんかいろんなことを思い出して泣けてきた。
ほんと。いいうた。

無心に手を動かしてると詩がすとんと心に入ってくる時がある。







外に出たら湿気を含んだ夜空が赤く霞んでいて
星も一個も見えないのに月だけがぽっかり浮かんでいた。

首がまだ痛い。
なんだか胸の辺りがざわつく。


ぽっかり浮かんだ月を眺めながら
人はどんな時に祈るのだろうっておもった。

自分の未来に向けて?
それとも幸せになって欲しい人の幸せを祈る?
はたまた地球の平和を?


日々の生活の中に神様がいる人たちは
祈りとともに暮らしてて
無宗教な私は都合のいい時だけ神頼みしてるのかな。


それでもいいかな。


たまには。

はなればなれに暮らしてる家族の幸せを祈らせてください。

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://atelierdaisy.blog7.fc2.com/tb.php/243-9cfccd86