グーグーだって猫である 
あさって素焼きしたいんである。
映画なんて観ている暇はないんである。
でも観てる暇ないだろうなあと思いつつDVDを
借りてきてしまったんである。
今日中に返さないといけないんである。

で、観たんである。
『グーグーだって猫である』


0421


前知識はキョンキョン主演で大島弓子原作のにゃんこのかわいい映画って
だけで、ほんわかしたくて借りてきたんだけど。

途中まさかの涙、涙・・・、女子にはせつない、やりきれない、
でも最後にちゃんと気持ちがあったかくなって
エンドロールで知ったのが監督・犬童一心。
あ、なるほどな~って。
キョンキョンと大島弓子の名前ばっかりで
監督の名前をちゃんと見てなかったんだけど、
やっぱり監督がいいとほんとに作品の空気が澄んでて
こころにすとんと沁み入る。

キョンキョンも透明感あってすてきだし
アラフォー独身女性のちょっとじれったいかんじと
上野樹里の若さゆえの直球なかんじとの対比もリアルで。

劇中の歌も良くてグーグーの歌をキョンキョンの
柔らかい声で歌っていてグーグーがサイコーにかわいいんです。

猫を飼ってみたくなっちゃう、
大島弓子の漫画をちゃんと読んでみたくなっちゃう、
吉祥寺に住んでみたくなっちゃう、
(サトウのメンチカツコロッケが食べたくなっちゃう!)
そんな映画です。

同じ監督の『ジョゼと虎と魚たち』、『メゾン・ド・ヒミコ』も
せつなくてこころにあったかいものが残る作品で好きだけど
『グーグー』も良かったです。
これは何度も観たくなっちゃう映画だなあ・・・。

まだ観たことのない人はぜひぜひ観てください!
ぜったいおすすめ!!
笑いあり、涙あり、なによりにゃんこがめちゃくちゃ愛らしい!
で、観たあとちゃんとこころがあったかくなりますよ~。



グーグーだって猫である H.P
 
みほ #-
うたちゃんへ 
キョンキョン、よかったよ~!
上野樹里や森三中、加瀬亮もみんなちゃんとはまってたよ!
楳図かずお大先生もぐわしっと出てきてたし♪

大島弓子、読みたい、今度貸して~!!
綿の国星しか読んだことないんだよ。
よっち、好きなんだ~!
さすが乙女の無邪気にライバル心メラメラだけあるね☆
うたこ #-
こんちはです 
見たいなあ!
その映画。
キョン×2はまり役?
ヨッチが大島弓子の漫画大好きで、
転がってたから読んでたよ。
私もファンになっちゃったよ。
ふわふわした絵なのに、内容が
あんまりにも鋭過ぎて、すごかった。
乙女の無邪気、必殺!ってかんじです。

精神年齢で登場人物が描かれてるのあった。
小3の男児が二十歳。
父母がコドモ。
19歳兄が19歳なんだよ。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://atelierdaisy.blog7.fc2.com/tb.php/135-d0f1a15d