スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都陶芸めぐり 
10月3日、京都。

午前中に脳みそ沸騰させるくらいの用事を済ませ。。




午後からは河井寛次郎記念館。

秋晴れの観光客だらけの京都の中でも
ここは静かで心地よい。





そして河井寛次郎の言葉にハッとする。


仕事の一番すきなのは
くるしむ事がすきなのだ
苦しむ事は仕事にまかせ
さあさ吾等はたのしみましょう


もう何年も前に訪れたきりで
久しぶりに来てみたら
やっぱり良かった。

おおらかな空気が流れていて
襟を正してくれる
私にとってのパワースポット☆




細見美術館では
『琳派四百年記念祭 琳派展17 MIHO MUSEUM所蔵
琳派のやきもの 乾山』展

絵つけが素敵だった。。

こういうものに触れると
やっぱりつくりたいもの
ちゃんとモクモク浮かんでくる。

それを忘れずにかたちにしないとね。

今はなかなか時間がないけど
ちゃんとかたちにできるよう
どうするべきか考えなくちゃ。





メメントモリにてガトーショコラでホッと一息♡





ちょっとハプニングもあり
日帰りにて帰るなり~~。。

夜の新幹線はいつもおにぎり弁当。
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。