スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近観たDVD 
1230


たみおのしあわせ

キツネにつまされたようなラストで。う~ん。
ポロシャツをズボンにインしちゃうようなダサダサな役なのに。
オダギリジョーはなにやってもかっこいいなあ。って映画?


母がDVDに焼いてくれた『ぼくの妹』(ドラマ)も観たけど。
最初、サスペンスもの!?って展開ではじまって
割とぐいぐい観てしまった。
こっちのオダジョーは大学病院で手術の腕がすばらしいんだけど
ちょっとなさけないお兄ちゃん役。
妹役の長澤まさみは目が離せない奔放な性格。
でもお兄ちゃんにすごく愛されていて。
こどもの頃、お兄ちゃんが欲しい!って思ってたのを思い出した。



12302


ベンジャミン・バトン 数奇な人生

老人として生まれ落ち、成長とともに若返っていくという
ベンジャミン・バトンの数奇な人生を綴った作品。

なんか、最後に私は家族愛の物語だなあと思った。

ラストの赤ちゃんになって見上げた時の無垢な瞳に
私たちは生まれた時、両親から無償の愛を注がれて育って
さて、そんな無償の愛を親に返すことができるだろうかって。
考えてしまった・・・。
人間って年を取ると赤ちゃんに還っていくっていうけど。
結構、介護についてとか考えさせられる作品だった。
(え、ちょっと変わったラブストーリーだと思った?)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。